2015年12月20日

《推薦圖書》 「私の漢字教室」石井勳著 (黎明書房 昭和三十六年七月)

著者獨自の新しい漢字教育法による實験報告と新方式の提案を内容とする。
1 幼兒にとつて漢字は假名より親しみやすい。
2 漢字は早く提出するほど習得しやすい。
3 漢字は數多く提出した方が記憶しやすい。
といふ、この三原則の提示であつて、これは在來の漢字教育の常識を根抵から覆すものであり、しかもそれが見事に立證されてゐる。《萩野貞樹》

posted by 書評 at 17:48| Comment(0) | 萩野貞樹

2015年11月03日

《推薦圖書》「私の國語教室」 sc恆存著 (新潮社 昭和三十五年十二月)

著者は昭和三十三年十月から五囘にわたり季刊雑誌『聲』に「私の國語教室」を連載した。それに後一章を加へて三十五年十二月に刊行された。
多少とも國語問題に關心のある者には必讀の文獻であり、新潮文庫(昭和五十年)、中公文庫(昭和五十八年)、文春文庫(平成十四年)にも收められ、こんにちも繰り返し廣く讀まれてゐる。
第一章、「現代かなづかい」の不合理
第二章、歴史的かなつかひの原理
第三章、歴史的假名遣習得法
第四章、國語音韻の變化
第五章、國語音韻の特質
第六章、國語問題の背景
の諸章から成り、時局的發言から音韻に關する新しい見解の提唱まで、徹底した議論が展開されてゐる。文庫版には増補數篇が追加された。
なほ本書は、第十二回讀賣文學賞(批評部門)を受賞した。《萩野貞樹》
posted by 書評 at 17:46| Comment(0) | 萩野貞樹