2016年06月07日

「ほんとうの敬語」 萩野貞樹著

  誰もが關心を持ちながら、一向に理解できない敬語理論。本書はこれを明快に解き明かしてくれます。現代の敬語の混亂は、國語審議會の責任が大きいのですが、その中でも特に、昭和二十七年に文部大臣に建議した「これからの敬語」(金田一京助氏の起草?)が深刻な問題を孕んでゐたと著者は言ひます。
 これまでの敬語は主として上下關係に立って發達してきたが、これからの敬語は、各人の基本的人格を尊重する相互尊敬の上に立たなければならない
 なるほど、かういふ平等イデオロギーが背景にあつたのかと首肯されます。
 著者は、このやうな平等イデオロギーに反對し、敬語をかう定義します。
 (敬語とは)人間のなんらかの意味の上下關係の認識を表現する語彙の體系である。
 政治とも道徳とも平等とも無關係な、何といふ分かりやすい定義でせう。
 著者は、敬語を「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の三つに分類します。そのこと自體は世に流布する敬語論と違ひありません。
然るに、前述の國語審議會(平成十三年に芽出度く潰れました)の後身ともいふべき「文化審議會國語分化會」は、平成十九年(二〇〇七)に、「敬語の指針」の答申を提出し、敬語には五つの種類があると主張しました。謙讓語を「謙讓語T」と「謙譲語U(丁重語)」に分け、丁寧語を「丁寧語」と「美化語」に分けるといふものです。
 やたらに細かく分類する人は、簡潔な論理でまとめることができない人です。この五つの分類などはまさにそのクチですが、著者はこれを斥けます。そして、敬語理論はすべて、「上下關係」で説明できるとしてゐます。
 第一の「尊敬語」とは「話し手と話題の人物の上下關係だけに從ふ」ものです。「社長が來週うちにおいでになるよ」といふときは、「おいでになる」といふ尊敬語は、社長の方が話し手(私)よりも目上であることを示してゐます。
 著者は、他の學者や書物を小気味よく叩いてゐます。小學校六年用のさるヘ科書は、尊敬語を「相手や、相手に關係している事がらを敬って言い表す言葉づかいです」と言つてゐますが、著者はこれを一刀兩斷に切つて棄てます。
 「先生がいらつしやつたとき、お前はどこにゐたのだ」といふとき、尊敬語は「いらつしやる」ですが、どうしてこれが、相手(聽き手)に對する敬意を表してゐるはずがありませう。
 「謙讓語」は、「話題中に現れた人物同士の間の上下關係」だけを問題にしてゐるのです。世間の敬語の本には、「謙讓語」は「話し手側は動作を低めて言うことで相手への敬意を表すもの」と書いてありますが、著者は反論します。
 校長先生が生徒に向つて、「そのノート、擔任の先生からいただいたの?」と言ふときには、「いただく」が謙讓語ですが、決して校長先生が自分の動作を低めてゐるわけではありません。この「いただく」は、擔任の先生が、生徒よりも目上であることだけを示してゐるのです。
 三つめの「丁寧語」は、「聽き手に對してのみ敬意を表現するもの」です。
 「あの野郎がやりやがつたんです」といふのはののしりの表現ですが、「です」が使はれてゐるのは、聴き手が自分(話し手)よりも目上であることを示してゐます。生徒が先生に、友達の惡事を訴へてゐる場面を想像して下さい。
 このやうな理論を著者は見事な圖解で説明してゐます。他の學者の本にも、似たやうな圖解が載つてゐますが、この著者の圖解ほど簡潔明快なものは見たことがありません。著者の理論そのものが簡潔明快だからです。
 この圖解に附いてゐる解説の中で一番面白かつたのは、「おほす(仰す)」です。「広辞苑」では、「おほす」を「おっしゃる」の意味の尊敬語だとしてゐますが、さうでない、と著者は言ひます。なんと、「謙讓語」だといふのです。「くださる」と同樣に、上位者が下位者に物を言ふときに使ふからです。目から鱗が落ちるやうな素リらしい分析です。だからこそ、尊敬語として使ふときは、「おほせらる」と尊敬の助動詞を附けなければならないのです。
 「れる・られる」を尊敬語として使ふな、といふ著者の主張も注目を引きます。自發なのか、可能なのか、受身なのか分からなくなるからです。そもそも、尊敬語として「れる・られる」が頻繁に用ゐられるやうになつたのは、前述の國語審議會「これからの敬語」の中で、この「れる・られる」を尊敬の敬語の中心に位置づけたことから始まつたのだといふことです。
 著者の辭書批判も痛快です。
 ある辭書は「金魚に餌をあげる」を正しい言ひ方だとしてゐます。しかし、「あげる」は丁寧語ではなく、謙讓語なのですから、上位者にしか使へません。これを「上品な言葉遣いで自分の品位を保つためのもの」などと説明する辭書があります。著者は「辭書の劣化」といふ辛辣極まりない言葉で批判します。
 一番我が意を得たりといふ思ひにさせられたのは、次の一節です。
 言葉といふものはできるだけ變形しないやうに「保守」されなければ役に立たないものとなるからです。從つて、言葉の問題を扱ふ人は必ず「保守的」でなければなりません。
 言葉といふものは、一旦變つてしまつたら、なかなか元には戻りません。
 この美しい日本語といふ言語を與へられた我々には、國語を守るといふ義務が課せられてゐるのではないでせうか。
 それに關聯して、著者は、家庭内での言葉遣ひの重要性を説きます。母親を「おめえ」と呼ぶ家庭では、健康な母子關係が破壞されてゐますが、母子關係が破壞されたから「おめえ」と呼ぶやうになつたといふよりは、「おめえ」と呼んだからこそ反抗心が燃え上つたといふのです。
 なるほど、言語が人間の心にどんな重要な作用を及ぼすかを考へさせるヒントでもありました。(高田友)
posted by 書評 at 20:58| Comment(0) | 高田友

2016年02月16日

尋常小學國史 文部省發行 上卷大正九年 下卷大正十年

 大正年代發行の國定ヘ科書「尋常小學國史(上)(下)」を讀みました。讀んで一番感動したのは、「これは面白い!」といふことでした。我々がヘはつたヘ科書は、「滿遍なく」と「公平に」が金科玉條になつてゐますから、ポイントを抑へて記述することができず、平板なものになつてゐるのです。
 それに對して、「尋常小學國史」は、ほとんど物語と言つてもよい構成です。全部で五十二章から成つてゐますが、全五十二章のうち、四十二章は人名がタイトルになつてゐます。「第一 天照大~」から始まり、途中、「第十一 桓武天皇と坂上田村麻呂」のやうに、二人の人物を一章にまとめた所も何箇所かあります。人物で辿る歴史ですから、時代區分や事件に焦點を當てた無味乾燥な歴史の辿り方よりも、子供にとつては興味が唆られるに違ひありません。
 驚くべきことは、文化史を全く無視してゐることです。考へてみれば、小學生にとつて、「源氏物語」や「新古今和歌集」や「金閣銀閣」によつて、歴史の流れのストーリー性が中斷されるのは、氣分が削がれる原因になるばかりでせう。本書では、文化人がタイトルになつてゐるのは、「第十二 弘法大師」だけです。
 文章は全部文語で書かれてゐます。「島原の亂の後は、西洋の學問全く傳はらざりしも、我が國の學問はますます發達したり」といふ調子。文語であり、勿論、しつかりした歴史的假名遣と正漢字による表記です。こんな美しい言葉で歴史を語られれば、生徒は、我國の歴史と言語の兩方に、同時に誇りを持つことが出来るやうになると思ひます。それにしても、小學生でも、文語をヘへれば、こんな本を讀むことができるやうになるのです。英語のやうな何の役にも立たないものをヘへるのを止めて、文語ヘ育を復活して欲しいものです。
 最後の二章は、「第五十一 明治天皇」と「第五十二 今上天皇」(大正天皇のこと)です。特に「明治天皇」は、「一 明治維新」から「八 天皇の崩御」までに細分され、大日本帝國の榮光を顯彰することに力を入れてゐます。
 全體に皇室尊崇の念に滿されてゐることは言ふまでもありません。「第二十三 楠木正成」の最後は、「實に正成は古今忠臣のかゞみにして、わが國民は皆正成の如き真心を以て御國の爲につくさざるべからず」と終つてゐます。
 日本海海戰の描寫はかうです。「をりから風強く波高かりしが、我が軍奮戰して、遂に敵艦十九隻をうち沈め、五隻を捕へ、其の司令長官を虜にし、世界の海戰にかつて例なき大勝を得たり」。まさしく少年少女の胸を沸き立たせるに足る名文で、これに匹敵する感動を與へられない、我々の年代を含めた現代の子供たちが可哀想になります。
 もう一つ、活字が大きいのに感心しました。現代のヘ科書は、「正確を期する」といふことに重點を置きすぎてゐるので、大雜把な物言ひをすることができません。それに對して、この國定ヘ科書は、生徒に智惠を付けさせようといふ親心に滿ちてゐるので、餘計な説明を加へずに、歴史の全貌を理解させることを主眼にしてゐます。だからこそ、文章のデフレに成功し、少ない文字を大きな活字で表記できたのです。同じ本を反復して讀むことの學習效果を現代の文部科學省は知らないのでせうか。
 つまらぬ證據寫眞などは掲載してゐません。そもそも、寫眞はなくて、挿繪ばかりなのですが、塩ァ畫のやうに丹念に描かれた繪なので、昔の建物や旅人の着衣がどのやうなものであつたのかがよく解ります。挿繪のキャプションにある「豐臣秀吉名古屋城にて軍船の出發を望む」の「名古屋」は肥前の「名護屋」の間違ひでせうか。本文にも「名古屋」とありますから、あるいはさういふ表記もあつたのかも知れません。いづれにしても、「面白ければよい、間違つてゐてもよい」といふ編輯方針が微笑ましく思はれました。子供に間違ひをヘへたからといつて、何も實害はないのですから。
 かういふ本の復刻版が出ないものかと歎ぜられます。日本人であることの誇りと喜びを大人にも子供にも味ははせてくれる企畫を期待します。
因みに、「國史」といふ呼稱がつけられたのは、この教科書シリーズが始めださうです。(高田友)

posted by 書評 at 13:29| Comment(0) | 高田友

2016年01月11日

「歴史的變化から理解する現代日本語文法」 淺川哲也・竹部歩美著 おうふう(出版)

 國語について長年抱いてゐた疑問が、目から鱗が落ちるやうに氷解する書であると感嘆しました。
 書名に「歴史的變化から理解する」とありますが、たとへば、第11章「現代語の動詞」の後には、第12章「動詞の歴史的な變化」があり、ここでは、上代・中古・中世・近世(江戸)と分けて、動詞の活用の種類を表にしてあります。さらに、近世については、「前期上方語」と「後期江戸語」(なるほど、江戸時代の間に、いはゆる標準語が「京都辯」から「江戸辯」へと變つて來たのでせう)を紹介してゐます。
 語源についての説明も懇切丁寧です。「老いらくの戀」と言ひますが、上代の「老ゆらく」の訛りであり、この「く」は、「曰く」「思はく」の「く」と同じ「ク語形」であり、「老いること」「言ふこと」「思ふこと」の意だつたといふのです。
 感心するのは、例文の出典を丁寧に示してゐることです。古典から採用した文語文については、當然出典を示さなければならないでせうが、通常の文法書では、現代語(口語)の例文は、作者が自分で作つてしまふことが多いものです。ところが、淺川氏は、口語文の場合でも、文學作品から選んで、「中山義秀・厚物咲」などと出典を明かにしてゐます。その丹念な作業ぶりには壓倒されるものがあります。
 私が特に感動を覺えたのは、助詞の解説でした。「係助詞『は』と格助詞『が』の相違」といふ項では、「私は佐藤です」と「私が佐藤です」の二つの文を比較して、「が」の方は、私を強調してゐるといふ納得のできる説明をしてゐます。ついでながら、ここで引用してゐる山田孝雄の文を讀むと、明治時代の國文法がどんなに未熟な段階にあつたかがよく理解できます。また、係り結びがどのやうな經緯で發生し、どのやうな理由で消滅して行つたかが見事に解明されてゐます。
 格助詞「から」は、「うがら・ともがら・はらから・やから」の「から」と同源であり、接續助詞「まで」の語源については、「まだし・惑ふ」説、「諸手・兩手(まで)」説、「目(ま)の手」説があるといふのも興味をそそられます。
 用言の活用では、文語の「已然形」が、口語で「假定形」になつてゐることについて、「確定條件」「假定條件」から解き始め、已然形の語法の變遷に言及してゐます。奈良時代以前には、已然形は接續助詞(「ば」や「ども」)を伴はなくても、單獨で「順接・逆接の確定條件」を表すことが出來たといふことです。また、「はやく歸りさへすれば」(「せば」でなく「すれば」)のやうに、「已然形+ば」が順接の假定條件を表すやうになるのは、後期江戸語になつてからだとのこと。
 本書は、國語ヘ師や國文科の學生には特にお薦めしますが、そればかりでなく、國語に興味を持つ人に廣く讀んでいただきたいと思ひます。現代は「國語の亂れた時代」だと嘆かれてゐます。亂れるに任せてもかまはないといふ人もゐますが、少なくとも、國語がどのやうな現状に晒されてゐるかを考察し、その將來を眞劒に考へる人は、一氣に讀み物として讀破し、あるいは、座右に置いて、辭書のやうに參照してごらんになるなどの様々な利用法があるでせう。
 「よい本を讀んだ」と滿腹感を感じられる名著です。(高田友)











posted by 書評 at 12:58| Comment(0) | 高田友