2016年09月01日

「日本語が亡びるとき」水村美苗著 筑摩書房

著者は言語を『普遍語』、『國語』、『現地語』と言ふ三階層で捉へてゐる。『普遍語』は英語の"universal language"に該當し、日本語では「世界語」と言ふ表現が落ち着く。『國語』は、英語の"national language"に該當する。「國民國家の國民が自分達の言葉だと思つてゐる言葉」で、人々が巷で使ふ『現地語』"local language"が、高級な諸々の價値を擔ふ『普遍語』の翻譯を通じて研ぎ澄まされ、知的・倫理的・美的な面で『普遍語』と同じレベルで機能するやうになつたものである。
我々が無意識に使つてゐる『現地語』である「日本語」は、『國語』でもある。著者は、『普遍語』としての英語の擡頭(言語學的には何の必然性もないが、英米の力と、そして、インターネットの普及期に頭一つリードしていた偶然による)の時代に、「日本語」は『國語』としての側面が大いなる危機に直面してゐると警告し、憂へてゐる。
「英語の時代」になつて、英語教育に對する方針は原理的には@『國語』を英語にしてしまふことA國民の全員が、バイリンガルになるのを目指すことB國民の一部がバイリンガルになるのを目指すこと、の三つがある。日本が必要としているのは、世界に向つて、一人の日本人として、英語で意味のある發言が出來る人材である。交渉の場で、堂々と意見を英語で述べ、意地惡な質問には諧謔を交へて切り返せる人材である。著者は當然のこととしてBを推す。
文部省は明治の頃から音韻文字の採用を基本方針として、?字を排除し、假名文字にするか、ローマ字にするか得失を調査させてゐた。良識ある國語学者や文學者が反對し、?字假名交じり文に慣れた國民も眞劒に受け取らなかった。所が、戰後GHQの占領下で、?字の全面的な廢止が政府決定され、實際に廢止されるまでの、當面使用される?字として一八五〇字の「当用漢字表」が定められ、教育、公文書、新聞等のマスメディアで使はれる字の數が制限されるようになつた。このやうな動きに反對する聲が漸く出て來たのは、敗戰から十數年經つてからである。
昭和三十三年(一九五八年)には、後に名著とされるsc恆存の「私の國語教室」が連載され、昭和四十年(一九六五年)には、國語審議會會長が、初めて、日本語の表記方法は「漢字假名交じり文」であることを前提として審議を進めることを記者會見で發表する。漢字が殘つたことは「表音主義者」の敗北を意味した譯ではなく、「傳統的かなづかひ」を「表音式かなづかひ」に改めると言ふ小さな勝利を彼等は収めた。
sc恆存の「私の國語教室」には、「表音主義」が日本語にとつて合理性を缺くものであり、「表音式かなづかひ」が、いかに日本語を混亂させたかが語られてゐる。
「私の國語教室」の最後の一言、「なるほど、戰に敗れるといふのはかういふことだつたのか」が、胸に迫る。sc恆存のような人が嘆くのは、改惡の根底にある「表音主義」が、究極的には、文化そのものの否定につながるからである。
加藤 忠郎(かとう ただを) (公財)日本發明振興協會副理事長
posted by 書評 at 08:15| Comment(0) | 加藤忠郎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: