2015年12月20日

《推薦圖書》 「私の漢字教室」石井勳著 (黎明書房 昭和三十六年七月)

著者獨自の新しい漢字教育法による實験報告と新方式の提案を内容とする。
1 幼兒にとつて漢字は假名より親しみやすい。
2 漢字は早く提出するほど習得しやすい。
3 漢字は數多く提出した方が記憶しやすい。
といふ、この三原則の提示であつて、これは在來の漢字教育の常識を根抵から覆すものであり、しかもそれが見事に立證されてゐる。《萩野貞樹》

posted by 書評 at 17:48| Comment(0) | 萩野貞樹